せどりーマンの日記Ⅱ

せどりから始まったネット販売。今では中国取引を拡大しています。

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和の東京とライカ

2008.02.26 (Tue)
昭和の東京―あのころの街と風俗 石川光陽,


昭和10年から20年までの東京の風景写真。どれを見てもおしゃれな感じがしてしまう。今と違って、みんあ帽子をかぶっているのが印象的でかっこいい。まあアメリカがそうだったからね。
カメラマンの著者が「ライカ」でとったそうで、このカメラにも愛着があるようで、出会いについてまで書いています。

ライカDⅢ-このカメラとはじめて出あったのは、赤坂表町署(現赤坂署)から警察庁勤務になった翌年でしたから、昭和7年だったと思います。


あるひ日のこと、警察庁に写真機材を納めている浅沼紹介の人が、

「ドイツ製のいいカメラがはいったのですが・・」
と一台の、小さなカメラをもってきてくれました。これが、ライカDⅢでした。

早速会計課長に「買ってほしい」とお願いにいったのはいうまではありません。しかし値段をきくと、課長もびっくりしてしまったようです。しばらくは「とんでもない」「とんでもない」といって相手にしてくれませんでした。なにしろカメラのボデーと標準レンズだけで6百円、それに引き伸ばし機など暗室道具を入れると2千円にもなるのですから、無理もありません。当時、私の給料が40円ぐらい。6百円もあれば家が一軒楽に建てられた時代でした。

本文より



なんとカメラ一台が家一軒分とはすごい。とても高価だったんですね。
時代から、戦争がクローズアップされている。戦勝祝賀国民大会とかMPのポートレート写真とか。

ちなみにヤフオクでは今5万~10万で出品されてますね。
ライカⅢ
スポンサーサイト

偶然のチカラ

2008.02.23 (Sat)

遊牧民の世界 講座・生態人類学(4)

今年は雪がよく降りますが、この記事書いている今、外は雪が降り積もっています。


「梱包材がはいっていませんでした」とコメント入れられないように、ハードカバーはなるべくクッションを入れるようになっています。
すると、あっと言う間にクッションがなくなる。買わないと。

厚みがでてしまうので、プチプチはゆうメール便の時だけ使い、通常は白の薄いクッションを使っています。中身が見えないのでゆうメール便発送時に指摘されることがたまにありますが、ほとんどの場合問題ありませんね。





偶然のチカラ

精神科医の名越康文さんが雑誌でおすすめしていたので読んでみた。

最近「すべては必然」という言葉が、宗教的・スーパーナチュラルな視点でよく言われますが、それとは逆の見方。著者は宗教学者だそうですが。

ギャンブラーが普通の人よりも強いのは、「勝ち馬にのる」ことを知っているからだという。出る目は出続けて出ない目はでない。流れが良いときはだまってひたすら勝ち続けることができる。普通の人は、そういう時でも結構勝ったからそろそろ負けるのでは・・と思い、流れを止めてしまう。

プロスポーツでも、流れを止めるために時間をもらったりしますね。勝負士は「流れ」に敏感ですね。

でも著者は最後に、勝ち負けは複雑で何が勝ちで何が負けか分からない・・・といった締めくくりをしていますので、なにがなんだかわからずに読み終えたって感じですか。

何度も読んでみたいですね。

茂木 健一郎 / 脳を活かす勉強法

2008.02.18 (Mon)
Flower CelebrationsFlower Celebrations
(1997/10/16)
Paula Pryke

商品詳細を見る


1480円

本当にひさしぶりに洋書が売れた!。このところまったく売れなかったので、仕入れもしないようにしてきました。

まあ高値では売れませんでしたが。

このところ、冊数は出ないが大物が売れるので「まあいいか」といった所です。





脳を活かす勉強法

一気に読んでみました。

タイムプレッシャーをかける。時間制限ですね。これが足りないことは痛感しました。
あと少し難しい課題を克服することで「脳を喜ばせる」ことが大事。

分かりやすく書いてあるので、行動の指針にしやすい本でした。

「脳を喜ばせる」なんて言葉は、他の自己啓発系の本には書かれない視点だと思いました。

日本の茶書

2008.02.13 (Wed)
日本の茶書 2 (2) (東洋文庫 206)日本の茶書 2 (2) (東洋文庫 206)
(1972/03)
林屋 辰三郎

商品詳細を見る


1380円

もう少し高く売れると思っていたのだが・・。そうは問屋がおろさなかった。


昨日取り付けた浄水器、お湯で使うとダメになってしまうって言われたけど、知らなかった。

浄水器ってなんでもそうらしい。家電量販店の販売員いわく。

一般に常識なことで、自分が知らないことが結構あることに気づかされた。

今日は発送なし


CADとトレビーノ

2008.02.12 (Tue)

基礎から学ぶAutoCAD 2005(実践編)

1229円

これの2002年度版。CAD本も結構扱ったかな。


今日はヤフオクで落札が一件。初めて一円出品したヤツ。やっぱり入札されるし楽しい。

結局ほぼ相場で落札された。希望落札額の200円安ってとこでした。

そして相変わらず他の高値出品分は売れず・・・・。

方針変えた方がいいのかもしれないかな。難しいところ。

やっぱり売れなきゃ意味ないからね。





浄水器 東レ SX902T 【代引き手数料無料!】

今日これを買って家の水道に付けてみた。東レのトレビーノっていうやつ。

取り付けでとても時間がかかった。といっても難しいんじゃなくて、僕が勘違いして取り付け部品を2つ重ねていたことに気づくかなかったから。簡単なことなのに恥ずかしい。

これでもうスーパーで水もらうのやめようっと。

ヤン・ファーブル

2008.02.10 (Sun)

ヤン・ファーブル
2590円

ヤン・ファーブルって誰?


ヤン・ファーブルは1958年、ベルギーのアントワープ生まれ。ここ数年は本国のベルギーはもとより、ベルリン・メトロポリス展、カッセル・ドクメンタ9展への出品など、国際的な活動を精力的に続けています。また美術の枠を超え、演劇(ex『劇的狂気の力』'84)、ダンス、オペラなどの分野でも意欲的な発表を続けていて、それぞれについても高い評価を得ています。

日本における初の個展では、彼の作品にしばしば登場する昆虫を用いた彫刻や、青インクのボールペンによるドローイングなどが展示されました。またフィルムワークやシアターワークについては、会場内でビデオの上映を行い、またそれを機にヤン・ファーブルとヤン・フートの対談集がペヨトル工房より翻訳・出版されました。

* なお、彼は『ファーブル昆虫記』のファーブルのひ孫に当たる。
はてなダイアリー より



そうか、あのファーブルの孫か。ふんふん。

絵画物が売れなかったのでちょっとほっとする。

でもここ数日売れずに不調かな。

海軍艦艇図面集

2008.02.04 (Mon)
海軍艦艇図面集

2950円

戦艦の図面が入っているとてもマニアックなもの。これを買う人は、その道にかなり精通した人なのでしょう。

この「艦艇図面」というジャンルはひそかに人気があるようで、ヤフオクでもそこそこ取引があるようです。
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d82202677

日本海軍のほかにドイツ海軍も目立ちます。

さあはたして何に使うのかな?

中には模型として作ってしまう方もいるのかも。


 | HOME | 
森部昌広
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。