せどりーマンの日記Ⅱ

せどりから始まったネット販売。今では中国取引を拡大しています。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偶然のチカラ

2008.02.23 (Sat)

遊牧民の世界 講座・生態人類学(4)

今年は雪がよく降りますが、この記事書いている今、外は雪が降り積もっています。


「梱包材がはいっていませんでした」とコメント入れられないように、ハードカバーはなるべくクッションを入れるようになっています。
すると、あっと言う間にクッションがなくなる。買わないと。

厚みがでてしまうので、プチプチはゆうメール便の時だけ使い、通常は白の薄いクッションを使っています。中身が見えないのでゆうメール便発送時に指摘されることがたまにありますが、ほとんどの場合問題ありませんね。





偶然のチカラ

精神科医の名越康文さんが雑誌でおすすめしていたので読んでみた。

最近「すべては必然」という言葉が、宗教的・スーパーナチュラルな視点でよく言われますが、それとは逆の見方。著者は宗教学者だそうですが。

ギャンブラーが普通の人よりも強いのは、「勝ち馬にのる」ことを知っているからだという。出る目は出続けて出ない目はでない。流れが良いときはだまってひたすら勝ち続けることができる。普通の人は、そういう時でも結構勝ったからそろそろ負けるのでは・・と思い、流れを止めてしまう。

プロスポーツでも、流れを止めるために時間をもらったりしますね。勝負士は「流れ」に敏感ですね。

でも著者は最後に、勝ち負けは複雑で何が勝ちで何が負けか分からない・・・といった締めくくりをしていますので、なにがなんだかわからずに読み終えたって感じですか。

何度も読んでみたいですね。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

森部昌広
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。